巻き爪矯正効果と靴・インソールの効果
こんにちは!
今年は梅雨入りは早かったですが、夏日があったり、涼しい日があったりと体調管理が難しいですね!
特に、被災地の避難所で生活をされている方たちの これからの健康には気を付けていただきたいと思います。

ところで、
先日お越しいただいた方が、巻き爪で形成外科を訪ねられたら、爪の3分の1を取る手術をしましょうと言われたそうです!
ご本人、恐くなって、「以前テレビでワイヤー矯正を見たことがあるので、それはできないか」と聞いてみたら、その形成外科の先生が、「キノシタが熱心にやっているので行ってみなさい。そこで手に負えなかったら、また来なさい。」と言われたそうです。それで、当店にご予約、ご来店になりました。

確かに酷い巻き爪で、形成外科だと手術だと言われるだろうな、と思われました。
今まで、手に負えない巻き爪にそんなに遭遇したことがないので(2~3件あったかな?)すぐ、VHOを掛けました。
VHOの良いところは、どんな爪でも掛けられるし、即痛みを軽減でき、生活にも支障がないことです!
また、2か月置き位のペースで掛けかえればいいので、
お忙しい方でも何とか時間が作れ、来ていただけます。

ペディグラスやマチワイヤー等も手掛けていますが、1か月に1回掛け替えが必要になり、来ていただけないとか爪の状態によりできない方もあります。

爪が伸ばせないとか、爪水虫だったり、爪が弱くすぐ割れる方、いろんな爪がありますが、そういう爪でも
VHOは掛けられるので、喜ばれています!

化膿していたり、肉芽腫になっていたりという方も来られます。
当店でその治療はできません。治療はドクターにお任せしていますが、VHOを掛けることで治りが早くなることは否めません


また、巻き爪矯正をすることで、腰痛まで良くなり、整体に行かなくてもよくなったという声もあります。
結局、巻き爪にしても魚の目にしても足のトラブルで歩き方が正常でなくなり、腰や膝に負担が掛かるんですよね。

みなさん知らないだけなんですよ!どうすれば、一番いいのかを!

もちろん、遺伝的な要因で巻き爪になっていたり、足の骨格の変形により巻き爪になったり、靴やソックス・ストッキングが足に合っていなかったりと色々です。

、靴の影響は爪だけでなく、骨格にも影響するので見逃せません。

よく、お客様は軽くて、脱ぎ履きが楽で、安くて、足が楽な私に合う靴を探していると言われます。

そんな都合のいい靴ありません!

安い靴は確かに軽いかもしれませんが、軽くするために発砲密度を荒くしたり、部品や手を抜いています。
そんな靴で足が守れる訳がありません。
そういう靴を履くから、骨格が崩れ、足のトラブルを引き起こしているんです。
多くの方が、本当のいい靴選びを知らないで、量販店やデパートなどで、流行に惑わされ、そこで、でたらめな要求をすることで、世の中のいい靴が減っているんです。
メーカーにとって、売れる靴がいい靴なんです。消費者の声が一番なんです。
それは決して、体にいい靴とは一致しません

いい靴は部品も抜かないし、発砲密度も適度にすると、ある程度重くもなります

大抵のものの値段は無駄には付いていません。それなりに理由があって その値段になるんです。
良い物を長く大事に履くことで、決して高く付きません。逆に本当のエコです。

目先の金額に惑わされていては、長い目で見ると損をすることになりかねません。

特に、靴は健康器具です!
健康器具の高い物を買わなくても、いい靴を履いて歩くことの方が安く長く健康でいられるんですけどね!

今までで既に、骨格を崩して、足や腰・膝に不具合を感じている方や、予防をお考えの方は、是非、自分用のインソールを考えていただきたいものです。(その前に、靴ですよ)


滅多に更新しないと、長くなってしまいます。すみません。

読んでくださった方、ありがとうございます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック